スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊後高田へ金魚を見に行く。


ここは東九州道別府湾SA。広めで綺麗なドッグランがあります。但し照明がないので、利用時間は日の出から日没まで。
鍵はかかってないのですが、夜は真っ暗でした。
P_20160313_070315.jpg
あさごはんまだでしか



P1010719.jpg
こんな作品、見たことありませんか?金魚の絵を描き、アクリルを流し込んで立体的に見せる
不思議な作品。
こちらは「金魚絵師」深堀隆介さんの作品。以前からテレビなどで見ていて、一度は実物を見てみたい!と
切望していたら、大分県豊後高田の「昭和の町」で個展が開かれると知り、大喜びで行ってきました!

「昭和の町」は昭和30年代の商店街を残して観光地化したところです。
観光協会に話を聞きにいったら、ちょうど無料ボンネットバスがあるのでぜひ乗ってみてくださいと
薦められました。
P1010621.jpg
約15分の乗車時間で、町並みをぐるっとしてくれます。ガイドのお姉さんのハイテンションな
説明も面白いですよ。
P1010623.jpg
しかも今だけ、深堀先生の墨絵がバスの中にたくさん貼ってあります。
P_20160313_095312.jpg
天井にも!




展示館にて、作品を鑑賞。
無料で、しかも写真撮影はフラッシュなしならOK!

P1010725.jpg
よく見るとなるほど絵だなとわかるのですが、写真を通すと特にホンモノのように感じます。

P1010714.jpg

P1010735.jpg
上の作品を横から見ると、10mmくらいずつアクリルを重ねていくようです。横から見ると二次元。

P1010722.jpg

P1010718.jpg
絵画作品も迫力がありました。小さい子供達が「こわいーたべられるー」と泣くくらい(笑





当初は、アクリル作品だけ見られればいいや、と思っていたのですが、
観光協会さん(大感謝!)に、
商店街のお店にちなんだ金魚の墨絵が貼ってあって、面白いからぜひ見て!と言われたので、商店街を歩いてきました。



以下、ネタバレ注意。

P1010648.jpg
お店にちなんだ絵ってなんだ?とナゾでしたが、一つ目を見て納得。
食堂の窓におかもちを持った金魚の絵!


P1010665.jpg
P1010667.jpg
多分牛乳屋さんの窓。

P1010677.jpg
P_20160313_102609.jpg
一番笑ったのが薬屋さんの金魚。薬がメチレンブルーという凝りよう。


P1010692.jpg
こちらの喫茶店でコーヒーいただきました。オリジナルミルク珈琲がすごく美味しかった!P1010693.jpg
店の中から見るとこんな感じでちょっと幻想的。


P_20160313_124520.jpg
これは呉服屋さん。設定が面白すぎる!

P1010706.jpg
茶舗では、野点する金魚。

まだまだたくさん作品の貼ってあるお店はたくさんあります。どれも思わず笑っちゃう、とても楽しめるものでした。


P1010765.jpg
また服きせられたの・・・
タロウも一緒に歩いてみました。


P1010748.jpg

P1010776.jpg

P1010772.jpg

P_20160313_115324.jpg

連休前だからか、観光客も少なめで、作品をゆっくり見ることもできて本当によかったです。





スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://taro0306.blog.fc2.com/tb.php/133-90fab65e

Comment

ひげぼうず

とても風情があるいい街ですね。

思わず「豊後高田」で検索してしまいました。


タロウちゃんも、この街にすっかりと溶け込んいますね。

やはり柴犬はこのような昭和な街に似合いますね。

タロウのはは

ひげぼうずさん>思っていたよりも観光客が少なめで歩きやすかったですよ。
川越あたりは江戸の風情になってて柴犬に合いそうですがいかがですか?人が多くて犬連れは難しいでしょうか?
  • URL
  • 2016/03/29 09:31

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

wakaokusama

Author:wakaokusama
タロウ。2011年3月6日生まれ。とーちゃとかーちゃと、
瀬戸内海が見えるおうちで暮らしてます。

タロウの成長

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。