旅行犬タロウと冬の旅、その10end


1月2日、戸隠神社の朝。

P_20160102_102628_20160119112110f6d.jpg
中社鳥居の横にある、うずら家さんというお蕎麦屋さん。
母のインスタグラムに載せた写真にいいねを付けてくださった通りすがりの方が、
ご本人のインスタで絶賛されていたので、寄ってみることにしました。
私達が知らなかっただけですが、超有名店。10時半の開店前から
名前を書いて待つシステムです。開店の際に、店主さんが丁寧にご挨拶され、
「お時間もいただくのですがどうぞご了承を」と頭を下げられてました。

P_20160102_105649_201601191116469fb.jpg
一口食べた瞬間、「大盛りにしときゃよかった」と思いました
今回の旅はグルメ旅ーと色々食べまくってますが、正直ここが一番でした
接客も素晴らしかった!

P_20160102_115310_20160119111650319.jpg
うずら家さんの奥にある宿坊横倉に併設されている、「十輪カフェ」。蔵のカフェです。
P_20160102_113822_20160119111647e59.jpg
母は朝からアイリッシュコーヒーを頼んで、父に「運転する気ないじゃん」と悲しまれました(笑
上品な奥様が、コーヒー豆をでっかい手回しの機械で挽いてくれるのが素敵でした

P1010095.jpg
戸隠の火ノ御子社。

P1010111.jpg
宝光社。珍しい象の彫刻や、獅子もいます。


P1010151.jpg
パンフレット風に(笑 
戸隠から白馬へ抜ける峠にて。本来はこの時期は冬季閉鎖になるらしい道ですが、
雪が少ないため通行できました。

P_20160102_143601.jpg
白馬にあるジェラート屋さん、花彩さん。
こちらは、高校時代からの友人が「白馬においしいお店があるよー」と教えてくれました。

この日は福井のあわら温泉にて一泊。
予約はしていなかったのですが、じゃらんを見たら空室があったので
宿泊することにしました。

P_20160103_085527.jpg
次の日、現存12天守閣のひとつ、丸岡城へ。
びっくりするほど小さいです。
P_20160103_090233.jpg
ちょっとけちって天守閣までは入りませんでした。


行きしなに、永平寺町内で看板を見て、すぐに寄ってみたのが
P1050190.jpg
「柴神社」。
往路ではタロウなしでさっと写真を撮っただけだったのですが、
どうしても気になる、ということで、復路で立ち寄ってみました。
勿論柴犬とは関係ないようです(笑 

P1050199.jpg
柴犬が柴神社におまいりですよー

P1050215.jpg
犬は入っていいかわからなかったので、鳥居前にて撮影だけさせてもらいました。
今年一年も健康でありますように。



スポンサーサイト

旅行犬タロウと冬の旅。その9

1月1日、この日は山形から高速をひた走り、長野県戸隠へ。


戸隠神社中社に着いたのはさすがに夕方でした。夕暮れ時でなんとも綺麗でした

P_20160102_081303.jpg
この日の宿泊は、宿坊の辻旅館さん。宿坊、と聞いて構えてましたが、
綺麗な旅館でした。

_DSC0127.jpg
戸隠といえば勿論そば。こちらの旅館はそば会席がいただけるのです。
もうどれもこれもおいしかったです。宿坊なので、どーんとお肉っていうのはさすがにないけど、
体に優しいものばかりでした。

P_20160102_081814.jpg
旅館の玄関に飾ってあった、「そば玉」。酒蔵で新酒が出来ると飾る「杉玉」からちょっと拝借しまして・・・と
ご主人さんが笑いながら教えてくれました。戸隠のお蕎麦屋さんの玄関には多分必ずかかってると思います。



さて、戸隠といえば、忍者です。
P1050130.jpg
オイラ服着るのイヤなのに・・・
忍者犬、再び登場です。

P1050147.jpg
ここは、街中から少し外れたところにある、「戸隠チビッコ忍者村」前、なのですが、
冬の期間は休園中でした。駐車場と思われる広場で遊ばせてもらいました。


P1050126.jpg
忍者村、オープンしていれば、犬も連れて入れるようでした。


P1050150.jpg
忍者修行終了。服を脱がせてもらってお食事タイム。



旅行犬タロウと冬の旅。その8

年越しは、山形県米沢市の白布温泉、
湯滝の宿 西屋さん。

萱葺き屋根の旅館です。名前の通り、お湯が滝のようにどうどうと上から流れてくる温泉でした。

_DSC0061.jpg
洗面所の温泉栓?が成分で真っ白。奥は水道栓なのですぐにわかります。

P_20151231_184530.jpg
米沢牛のしゃぶしゃぶで年越しを。


P1050090.jpg
夜散歩でも雪を楽しむタロウ。
この近辺では、道路や駐車場の雪を溶かすため、温泉水を流していました。
どんどん新鮮なお湯が流れてくるのでタロウも足湯状態に。
しかもおいしかったらしく流れてくるお湯をずいぶんぺろぺろしてました。

_DSC0089.jpg
年が明けました。宿の人のお話では、やはりびっくりするほど雪が少ないそうです。
毎日のように雪かきしないといけないのに、この冬はあまりしなくていいので楽です、と仰ってました。


_DSC0048.jpg
西屋さんのお正月恒例、会長さんが囲炉裏でお餅を焼いて
_DSC0078.jpg
そのお餅の入ったお雑煮。やっぱり囲炉裏で焼いたお餅は美味しいです


_DSC0120.jpg
道路の位置を知らせる赤いポールが雪国を感じさせます。

_DSC0101.jpg
オヤツ待ち。

_DSC0105.jpg
まてませんがなー

旅行犬タロウと冬の旅。その7

この日は大晦日。
暖冬で雪も少ないし、スキー客も少ないんじゃないの?とお気楽に考えて
蔵王に行ってみたですが、さすが蔵王、車も人もいっぱいでした。
でも多分普段よりぐっと少ないとは思います
P_20151231_123608.jpg
電柱に貼ってあったナゾの生き物。路上で滑走できるほど雪はありませんでした。

P_20151231_122557.jpg
蔵王のお蕎麦屋さんでお昼を。お店のお姉さんがとっても元気で美味しかったいいお店でした。
郵便配達はこんな雪道でもカブ。さすがです。

P_20151231_130213.jpg
蔵王といえば温泉、勿論行ってきました。
大露天風呂は以前行ったので、その時に逃してしまったこちらの湯へ。

P_20151231_125639.jpg
蔵王といえば白濁の湯、ですが、こちらは床下から湧き出しているので、お湯が透明なのです。
あまり知られてないのか、貸切状態でした。
透明とはいえ蔵王の湯。
入ったときはほとんど感じないけど、上がってから体から醸し出す硫黄臭・・・
着ていた服にも臭いがついて大変なので、注意です。(帰宅後2度洗いしました


この後、米沢市を走っていたらちょうど通りかかったので、
P1050047.jpg
上杉神社へ行ってきました。
米沢へ転地後の上杉についてはなかなか学ぶ機会がないのですが、
神社周辺の地図だけを見ても面白く、実感して学べます。

P1050050.jpg
明日の初詣に備えてお賽銭箱を大きくしているところに遭遇。

P1010048.jpg
旗本さん(笑)もぱちり。

P1050054.jpg
神社から少し離れた上杉家廟所。神社とはまた違う、静かな場所。

P1050057.jpg
歴代の当主が眠っているそうです。






旅行犬タロウと冬の旅。その6

ついにやってきました、今回の旅のメイン。

山形県の銀山温泉です。昔CMで有名になったところです。
今でも昔ながらのたたずまいが残る人気の温泉地です。
川を挟んだ両脇に細い道があり、宿が並んでいます。
狭いところですがいかにも昔ながらの温泉街で、
観光客もたくさん来ていました。

泊まったのは、こちら能登屋さん。
銀山といえばココ、という写真によく出ています。
運よく空きがあり泊まることができました。


夜になるとガス燈がともり、美しい光景です。
P1040925.jpg
私達は本当に運がよくて、川側の部屋だったのですが、下の道からひっきりなしに人が写真を撮りにきていて
夜になってもフラッシュが光るので、なんだか落ち着かない(笑)


車は温泉街から少しだけ離れた駐車場に置くようになってます。
お宿は入れないけど、せっかくなのでタロウも温泉街を歩かせてみました。
P1040939.jpg


P1050038.jpg
朝、能登屋さんの前で記念写真。

P1050034.jpg
この旅行では、柴犬どころか犬自体に会うことが少なかったのですが、温泉街を歩いている
パピーたんに遭遇!かわいかったー!

旅行犬タロウと冬の旅。その5


山形県酒田市にある平田牧場、通称ヒラボク。ここの豚肉は本当に美味しい。
一度食べてその美味しさが忘れられず、今回少し遠回りでしたがこのとんかつ定食を食べるために
酒田市にある本店「とんや」まで行ってきました。
やっぱりうまい・・・ちなみにおかわり自由でついてくる浅漬け(ごはん右横)もすごく美味しいです。


P1000832.jpg
奥の三角屋根は、酒田市の観光名所のひとつ山居倉庫。ただしペットは禁止なので、手前でUターン。

P1000850.jpg
ほほーうこれはなんですかな
係留されていた船を覗き込んでみる



P1000890_20160111150843c01.jpg
酒田市を出た後、「最上川下り」をする予定だったのですが、雪は少ないしでも寒いし、でやめちゃいました。
ドライブインから見た白糸の滝。最上川下りでメインとなる観光スポットですが、地上からでも見れたので
もういいやってことに。


お昼にラーメンでも食べますか、と近辺検索してみたら、
山形県の新庄市は「とりもつラーメン」というのがあるとのこと。
そして行ってみたのが、「末広」さん。
P_20151230_112409.jpg
かなり年代もののラーメン屋さん。

P_20151230_111002.jpg
P_20151230_111012.jpg
びっくりするほど透き通った鶏だしのラーメン!下がとりもつラーメンですが、こちらも濁りのないスープ。
期待以上に美味しかった!
タロウははのラーメンアワード第一位に決定。
人気店らしくて、私達は早めの11時過ぎくらいに行きましたが、食べ終わる頃には
満席になってました。ご近所っぽい常連さんが次々と来られてました。


夕方まで少し時間が空いたので、立ち寄ったのが
新庄市近くの「金山町」。蔵のある町並みや、鯉の泳ぐ用水路などがあるようで
ちょっとお散歩に。
P1000895.jpg
結構雪があったので、堀に鯉は見つけられませんでした。

P1000909.jpg
この町の八幡神社へ行く参道も雪で完全に埋まってしまってました。
町の女の子が、行けるところまで行ってみると進みだしたら、
タロウが付いていきました


P1000910.jpg
タロウもお供するですー
女の子たちに「ココ掘れわんわんとかできる?」と言われたタロウ、ちゃんと雪を掘って見せて
喜ばれてました

P1000922.jpg
タロウはもうムリだから帰るー


P1000928.jpg
P1000929.jpg
ここでも雪遊びできて満足のタロウでした。













旅行犬タロウ、冬の旅。その4

新潟県月岡温泉。の、名物月岡饅頭。
朝チェックアウト後はこの店の前に路駐でいっぱいになってました。有名店だったようです



月岡温泉は、大正初期、石油を掘ろうとしたら温泉が出ちゃいました、という由来。
お湯は確かにほのかに石油臭がします。そして不思議なエメラルドグリーン。

P1000743.jpg
飲泉所もあります。看板に「自称世界一まずい温泉」と書いてあります。
飲んだらすごかった・・・!まずい!でもなんか効きそう。

P1000753.jpg
月岡温泉では、「広瀬館 ひてんの音」に宿泊。
玄関で写真を撮らせてもらってますが、ペット可の宿ではありません。タロウは相変わらず車中泊です。
玄関横に鯉の泳ぐ庭があって綺麗でした(前回の写真です)


_DSC0021_20160108144627ec1.jpg
ここでは牛しゃぶ。


次の日は山形県へ。
鶴岡市にある加茂水族館に行きました。
P_20151229_152431.jpg
つぶれかけていた水族館がクラゲにしぼって展示したら復活して大人気になったと話題の水族館です。
ハイシーズンは立ち止まることも写真も取れないほど大混雑するそうですが、冬の平日だったので
写真も撮り放題。



P_20151229_150220.jpg
P_20151229_145726.jpg


P_20151229_151113.jpg
大水槽にミズクラゲがふわふわしてて幻想的でした



P_20151229_152618.jpg
初めて波の華をみました。すっげえ泡泡してます。


旅行犬タロウと、冬の旅。その3・・・はタロウ抜きで観光

この日はあまり移動がないので、面白いところはないかなーと調べてたら
ピンとひっかかってきたのが、新潟市内にある「豪農の館」。

北方文化博物館という名前で公開されてます。


P1040810.jpg
長い廊下と広い広い続き間。昔は大茶会が開かれたりと豪勢だったようです

P1040823.jpg
そしてこのお屋敷、今でもお住まいとして使われているようです。でっかいかまど!
この横に炊事場がありますが、女性が何人も食材を運んだりしていました。

敷地内にある三楽亭。
P1040843.jpg
写真ではわかりづらいのですが、この茶室、正三角形の形をしているのです。
P1040842.jpg
畳の形も、ひし形や台形、三角形。中には入れないのが残念。
お金かかってるなあと思う建物でした


P1040851.jpg
電話ボックスが三楽亭のコピー

今まで何度か新潟に行ってますが、ここは知らなかったので行ってみて驚きでした。


P1000757.jpg
オイラるすばんだった


この日は月岡温泉に泊まります。

旅行犬タロウ、冬の旅。その2


こちらは立ち寄った山代温泉の「古総湯」。つかるだけの昔ながらの湯治場を再現しているようですが、
とてもよいところでした。

この日の宿は、松之山温泉。日本三大薬湯のひとつ、ということで、
山奥なのに超高濃度の食塩泉という不思議な温泉。
そして、日本でも有数の豪雪地帯。松之山に向けて走るとさすがに雪景色になり、
山道に入ると前も後ろも見づらいくらい吹雪きました

泊まったのは「ひなの宿 ちとせ」。
_DSC0007_2016010715102326f.jpg
昼にブリをお腹いっぱい食べたので、もう入らないかもと思ったのですが、
熟成豚肉とのことで、ベーコンのような香りのする豚肉のしゃぶしゃぶはこれまた美味しくて・・・

_DSC0009_20160107153828cc8.jpg
他の物も勿論美味しかった・・・


豪雪地帯でも、やはり暖冬でかなり雪の量は少ないとのこと、私達が行った前日から降り出したとの
お話でした。それでも到着したときには膝くらいまですでに積もっていて、
雪遊び大好きなタロウはテンションMAX。夕方は暗くて写真がないけど、ウサギのような跳ね方で雪の上を
走ってました。

翌朝も大喜びで雪遊び。
P1000711.jpg
P1000717.jpg
もぐってみたり。


P1000690.jpg
あれ?アイツは上がってこないの?
ご近所のワンコさん。タロウとご挨拶してくれたあと、
さすがに慣れたもので急坂を駆け上がっていき、上から見おろしてました。
タロウもですが私達が滑って登れません。
P1000691.jpg
「婿投げ」というお祭りが行われるのも松之山温泉、この薬師堂に行きたかったですが、雪は深いし道がつるつるなので
断念しました。

P_20151228_113031.jpg
P_20151228_082416.jpg
雪の中に埋まっても全く平気。驚いたのは、ブルブルっとするだけで雪は飛んでいってしまい、乾いた状態に。


旅行犬タロウ、2015年末の旅。その1

あけましておめでとうございます。

P_20151229_084815.jpg
月岡温泉にて撮影

本年もぽつぽつと更新していきますのでよろしくお願いします。



さて昨年末からお正月にかけて、タロウ家恒例の長旅です。
今回、「ふるさと割」を使って、いつもは泊まれない良い宿にもたくさん泊まることができました。
タロウの旅の記録よりも、美味しかったご飯の話になりそうです。


初日。富山県氷見市へ。

P_20151227_100739.jpg
忍者犬でござるよ

というのも、
P1000657.jpg
氷見市は藤子不二雄A先生の出身地で、あちこちに藤子先生の絵やキャラクターの銅像などがあります。

偶然通販で見つけた忍者服、即効ポチッとなをして、今回の旅行は絶対着せようと楽しみにしてました。


P_20151227_095830.jpg
先生の生家、光禅寺にあるハットリくんの石像と忍者犬。
ちなみにハットリくんの横に怪物くん、プロゴルファー猿、笑うせえるすまんもいました

P1000644.jpg
歩道にもハットリくん。


さて、氷見といえば鰤。
P_20151227_092611.jpg
道の駅で見つけた鰤のぼり

鰤。
P_20151227_105308.jpg
歩道のコーンも現代アート風鰤

鰤!
P1000671.jpg
それなりの長さの人生の中で、一番おいしい刺身でした・・・もう普通のブリは食べられません・・・


「10キロ超えの寒ブリは味が違う、常識をくつがえされる」というのをきいて、どうしても食べてみたくて
10キロ超えだけを出す「ひみ浜」さんというお店を、2ヶ月前から予約して行ってきました。
2ヶ月も前から?とお思いでしょうが、結果これが大正解でした。
今年は特に暖冬で、まったく寒ブリ、特に10キロ超はほぼ獲れない状態なのだそうです。
私達と次の予約のお客さんでブリは終了してしまい、
お店の方が、次の日の予約のお客さんすらお断りをしないといけなくなってしまった・・・
と言われてました。

この日出てきた鰤は、推定1匹25万円・・・(1キロ2万を超えるそうです。12.5キロのブリとのこと


今まで食べてたブリはブリじゃないのか、このブリがブリじゃないのか、
衝撃的な美味さ・・・
P1000679_20160106132833d5a.jpg

P_20151227_114225.jpg
ぶりしゃぶ・・・最高でした・・・

P_20151227_120648.jpgP_20151227_120656.jpg
私達は11時に予約して、店を出たのは12時前。なのに、もう閉店のお知らせが!
この扉を見て「ええっ!?」とがっくり肩を落として帰っていく人を何人も見ました。



P1000656_20160106132830729.jpg
氷見の魚屋さんで見つけたのは9キロのブリ。これでも6万3千円。10キロ超えると途端に値が跳ね上がるそうです。

P_20151227_102627.jpg
本来なら、こうして雪かきをするような地域のはずなのに、見ておわかりになるように地面にまったく雪がなく、
前夜はひどい雷雨だったりと、暖冬なのだなと強く感じる旅となります。

まだまだ続く。。。



Pagination

Utility

プロフィール

wakaokusama

Author:wakaokusama
タロウ。2011年3月6日生まれ。とーちゃとかーちゃと、
瀬戸内海が見えるおうちで暮らしてます。

タロウの成長