神の国で神様をお迎えに。

前記事の続き。

鰐淵寺だけで帰る予定だったのですが、
道の駅で偶然、神在月の神事のポスターを見つけて、これもなにかの縁だ!と出雲にもう一日残ることに
しました。

P_20151121_065621.jpg
夜明けの稲佐の浜。

P1040679.jpg
旧暦10月10日、稲佐の浜にて「神迎祭」がおこなわれます。
以前テレビで見てなんとも神秘的で不思議な神事だなと思っていたので、直接見られるなんて光栄です。

お昼にタロウと大社をブラブラ。
P1000313.jpg
出雲大社には相撲の祖が祀られているお社があります。うさぎさんのふんどし姿がかわいすぎる。


P_20151121_164051.jpg
あちこちにうさぎのモチーフがあります。これは国引きかな?

P_20151121_164508.jpg
おやついただきます


タロウは車でお留守番させておいておでかけした大社の隣にある歴史資料館、
貴重な資料がたくさんおいてあります。
P1040673.jpg
国宝が、撮影OKなんです。レプリカでなく本物です。

P1040670.jpg
小学校あたりで勉強した銅鐸も、撮影できます


稲佐の浜に大勢の人々が集まってきます。
P1040694.jpg
神事が始まると、こんなに人がいるのにしんとして、波音が聞こえます。

P1040715.jpg
浜からお迎えした神様を、大社までお運びします。

P1040721.jpg
そのあとを、みんなでついていくのです。約1.5キロくらい細い道をぞろぞろと行きます。
多分、八百万の神を、ひとりひとりが背負ってお運びするんじゃないかなー

P_20151121_195715.jpg
神様の通り道には、すべてのおうちにお花が飾られて、家の人たちがきちんとした身なりでずっと立っていました。
道行く人を神に見立てているのかもしれないですね。

すごい人だし、かなり歩いたしで、そのときは大変だったという感想しかなかったんですが、
思い返してみるととても不思議で貴重な体験でした。








スポンサーサイト

またまた神の国へ行く。前編(タロウなし

紅葉の写真を撮りたくて調べていたら、
島根県の鰐淵寺(がくえんじ)の写真がすごく綺麗だったので、
ちょっと行って来ました。
今回はタロウ写真がありません・・・お寺はペット禁止です。
P1000218.jpg
ドローンも禁止、すごい時代になりましたね・・・

紅葉の期間は遠くの駐車場からシャトルバスで行く、と書いてあったのですが、
朝一番でとりあえず近くまで行ってみようと進んでいたら、お寺に一番近い駐車場に停めることができちゃいました。

お寺の方によると、いつもより10日くらい早くピークになってしまって今はもう散っている、とのこと・・・

確かに紅葉は真っ赤ではなく、もう茶色になって散っていました・・・


P1000253.jpg
ここは奥にイチョウ、手前にモミジがあって、黄色と赤のグラデーションになる、はずの場所。
鰐淵寺で検索するとすっごい綺麗な写真が出てきます、が、私達は遅すぎました・・・モミジが赤くなかった・・・

このお寺には奥の院があり、滝の中にお社があるとのこと、ただいつもはあまり滝の水がなくて、幻の滝らしいのですが、
P1000267.jpg
前日まで雨が降っていたので、かなりの水量のある滝が見られました!

P1000275.jpg
御坊様にちょぼちょぼと頭髪がwww

つづきます



Pagination

Utility

プロフィール

wakaokusama

Author:wakaokusama
タロウ。2011年3月6日生まれ。とーちゃとかーちゃと、
瀬戸内海が見えるおうちで暮らしてます。

タロウの成長